まいくろ🍣きりみん

きりみんのマイクロブログです。ブログとTwitterの中間くらいの文章を書きます。

OKR(オーケーアール)読んだ

今の職場でOKRを導入していることもあり、個人でもORKを設定していて、もっと深く理解したくなったので読んでみた。

OKR(オーケーアール) シリコンバレー式で大胆な目標を達成する方法

OKR(オーケーアール) シリコンバレー式で大胆な目標を達成する方法

OKRについての簡単な解説はネットの記事などでも読むことが出来るけど、それらを流し読んだだけではやはり今なぜあえてOKRという新しいメソッドが流行っているのかはよく分からなかった。

この本では前半の半分を使って、小説形式で、小さなスタートアップが壁にぶつかり、OKRを正しく導入することで成功する様子を描写している。
その後、後半で補足のような形でOKRの具体的な思想やよくある間違いなどについて解説している。

このように小説仕立てのエピソードを使ってメソッドなどを紹介する本はわりとありがちだが、大抵は茶番感があり面白くない。
しかしこの本の物語はかなり描写がしっかりしていて説得力があり、一気に読めるほど興味を惹かれる内容だった。
そしてこの物語を通してOKRについて十分に理解することが出来る。

OKRはよく「KPIとはどう違うのか」と言われ、たしかに概要を聞いただけではどこの会社でもやっている目標設定との違いがわかりにくい。
自分がこの本を読んで理解したことは、OKRは単なるフォーマットではなく、目標を意識し達成するための総合的なメソッドであるということだ。
これは特定のフォーマットなどよりもアジャイルといった概念に近い。
重要なのは形だけOKRのフォーマットに従って目標を設定することではなく、OKRの思想を理解し、形骸化しがちな「目標設定」というものを正しくモチベーション維持や優先度付け、成長のために意味のあるものにすることだ。

と、数あるOKR本の中の一冊を読んだだけなのでこの本の内容がどの程度信用出来るのかは分からないけど、ひとまず目標や計画を立てるという行為についてのプラクティスの一つとしてとても参考になった。