まいくろ🍣きりみん

きりみんのマイクロブログです。ブログとTwitterの中間くらいの文章を書きます。

これからライザのアトリエを始める人に伝えたいTips

先日、ライザのアトリエは最高だというエントリを書いたのですが、その後無事クリアすることができました。シナリオも最高でした。

kirimin.hatenablog.com

さて、ライザのアトリエは最高なのですが、一部仕様やUIがわかりにくいところがあり、ちゃんとヘルプを読めば書いてあるんだけど雑に読み流すタイプのぼくみたいな人間だとクリアする直前まで気付かない仕様があったりしたので雑にメモしておきます。ネタバレは(多分)ないです。

とりあえずぱっと思いついた分だけ。

Rで走れる

気付かなかった!!!!!!!
めっちゃ早い!!!!!!!!

品質はアイテムの性能に影響する

いやこれは普通にヘルプに書いてあるんですけど、錬金するアイテムの品質ってイベントアイテムとか売る時の価格くらいにしか関係ないのかな?と思ってたけどヘルプ読んだら威力に影響するって書いてあった。

錬金は「残り投入回数」の上の○が全部埋まった時点で開始できる

残り投入回数を全部消費しなくても2,3個アイテム入れるだけで量産出来る。

ーボタンで開ける「辞書の目次」からいろいろ分かる

たとえば錬金アイテムの効果の意味が分からない場合、具体的には「泡まみれ・大」みたいな意味不明な効果がたくさん出てくるのですが、これは錬金中の画面でーボタンを押して図鑑に飛ぶと簡単に説明を参照できます。ちなみに「泡まみれ」の意味は「攻撃力位と素早さを低下させる」でした。

その他にも、調合に必要なアイテムをこのボタンから確認すると採取地が見れたり活用すると色々楽になります。

+ボタンで次のシナリオイベント発生フラグが確認できる

これは自分は最初から気づいていたのですが、もしかしたら気付いてない人もいるかもしれない。
フィールドで+ボタンを押すとあらすじが表示されるのですが、そこに次に何をすればシナリオが進むのかが常に具体的に書かれています。便利。

クイックアクション/エクストラオーダーを使うにはAP10を消費する

なんかエクストラオーダー出来ない時があるなーとおもっていました

ソシャゲが苦手なゲーマーによるドラゴンクエストウォーク所感

先日DQウォークが配信されて、一週間くらいわりとがっつり?プレイしたので雑に感想を書きます。
ちなみに今レベル22くらいでメインクエスト2章の終盤くらいです。

前提 (自分について)

子供の頃からRPGやシミュレーションゲームなどが大好きなゲーマーです。
ソシャゲは基本的に苦手で、キャラに惹かれてインストールしてもだいたいチュートリアルで挫折するか、序盤少しやってやめてしまう。
理由としては次のような部分が主に苦手。

  • 大抵の「本格RPG」と謳っているソシャゲのシステムにゲームとして面白さを感じられない
  • 「シナリオ」「編成」「ガチャ」みたいなボタンが並んだごちゃごちゃしたTOP画面を見た時点で情報量が多くてウッとなってしまう
  • だいたいチュートリアルが長くて疲れる
  • プレイするモチベは大抵かわいいキャラを愛でることなのに列挙されたシナリオ(クエスト)をひたすらポチポチと進めていく作業に意味を感じられない
  • シナリオの進捗とは関係なく魅力的なキャラクターを愛でるにはガチャに大金を注ぎ込まなければならない(定額で手に入るわけでもない)
  • だいたい対話型の小話(シナリオ)に興味がもてない

という感じで、幾度となくキャラに惹かれたソシャゲをインストールしてはすぐ挫折してきている。

逆に、今までそれなりにハマれたソシャゲには次のようなものがある

  • ドラクエライバルズ

    • ドラクエ版シャドバ
    • PvPなのでプレイするモチベーションが分かりやすいしドラクエのキャラなのでたのしい
    • ほぼ無課金でも対戦自体はわりと勝てる
    • どんどんゲームバランスがインフレして運ゲーっぽくなってきたので飽きてしまった
  • バンドリガールズバンドパーティ

    • バンドリの(1期)アニメが好きなので始めた
    • これも一応PvPだし音ゲーとして普通に面白かったのでしばらくやった
    • 一通り遊んだら無課金だとあまり楽しめなくなってきたので飽きてしまった
  • アズールレーン

    • 多分唯一ちゃんとやった王道ソシャゲ
    • チュートリアルが短くて始めやすかった
    • 無課金でも十分かわいいキャラが手に入り活躍させられる+課金も定額だったりして良心的
    • シナリオを一通りやりつくして飽きてしまった

DQウォークについて

まえがきが長くなってしまったけど、DQウォークのレビューです。

概要

  • いわゆる位置情報ゲー + ソシャゲ
  • ポケモンGOにドラクエ要素とソシャゲ要素を足したという感じ
  • シナリオごとに現在位置から1km以内くらいの範囲で目的地を任意で選んで、そこにたどり着くとボス戦 or クリアというのを繰り返す
  • バトルは完全にドラクエ、職業や装備などのシステムもほぼドラクエ

良いところ

  • そもそも位置ゲーはおもしろい
    • ポケモンGOもハマったけど、実際に歩く必要があるのは、散歩好きとしては単にスマホ上だけでポチポチし続けるよりもモチベーションを保ちやすい
    • ポケモンGOで物足りなかったゲーム要素が最初からちゃんと作られてる感じでうれしい
  • ドラクエなのでモンスターなど世界観に親しみやすい、BGMなどドラクエなのでずるい
  • チュートリアルが最小限ですぐに自由に遊べる
    • 基本システムがドラクエというのもあって説明しないといけない用語やシステムが少ないとかありそう
  • 主人公や仲間の外見と名前を自由にカスタマイズしてロールプレイできる(ドラクエ3っぽいスタイル)
    • 個人的には歴代ドラクエ人気キャラが出てきてガチャでレアキャラが~とかよりこっちの方が楽しいしうれしい
  • ドラクエかつロールプレイ重視なのでシナリオは最初からあってないようなもの、おまけ程度
    • 長々と会話劇が続いたりするよりずっといい
  • バトルがそれなりに戦略性を求められる
    • 戦闘はドラクエなので、格上のボスと戦う時は自動戦闘をOFFにして補助技使ったり回復アイテム駆使したりまあそれなりに戦略性があってたのしい
  • 無課金でもあまり困らない
    • 装備品は基本ガチャで手に入るんだけど、今のところは無課金で手に入る範囲で出来るガチャでもよほど運が悪くなければ普通に戦闘で困らないくらいの装備は手に入る
    • ただガチャは10連一回3000円と高い(ふつうなのか?)ので今後のバランス調整次第ではわからない

微妙なところ

  • ソーシャル要素がほとんどない
    • 一応おまけ程度に任意の位置に家を置いてカスタマイズしたりする機能もあるけど、だから何というくらいのボリューム
    • フレンド登録機能ももちろんあるけどフレンドになっても出来ることが今の所なにもない
    • やっぱりPvPとか欲しい。もしくは位置に関係なくフレンドと協力できるクエストとか。
  • エンドコンテンツがなさそう
    • 今のところ歩いてゲームを進めるのが楽しいのでやってるけど、シナリオをクリアしたらプレイするモチベーション特になくなりそう
    • 位置ゲーだけど地図のコレクション要素なども今のところそんなになくて、遠出したりするモチベーションにはなりにくい

所感まとめ

  • 基本的にはちゃんとRPGになってておもしろい
  • ポケモンマスターズのような王道ソシャゲ(キャラゲー)もハマれなかった自分でもわりと楽しめてる
  • アップデートで長期的に遊べるようなシステムを追加できるかが、すぐに廃れるか定番ゲームになれるかの分かれ目という気がする
    • 行った場所の数によるインセンティブとか、がっつりとしたソーシャル要素みたいな廃人要素がほしい
  • 今のままあまりアップデートがなければ一通りメインシナリオクリアしたら飽きると思う

FACTFULNESS読んだ

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

  • 作者: ハンス・ロスリング,オーラ・ロスリング,アンナ・ロスリング・ロンランド,上杉周作,関美和
  • 出版社/メーカー: 日経BP
  • 発売日: 2019/01/11
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (1件) を見る

少し前に話題になってた本で積んでいたけど、ようやく読んだ。
この本が面白いことは多分もうみんな知っているし、ベストセラーなので今更言うことでもないと思うけど、やっぱり面白かった。

とはいえ多分読んでない人の印象は「意識が高い人向けの教養を高めるための本」という感じだと思っていて、実際そうではあるんだけど、この本で紹介されている数々のバイアスやそれによって引き起こされる勘違いや悲劇などは、「世界の見方」や「人種や宗教に対する偏見」などのマクロな視点だけではなく、会社や家族といった身近なコミュニティに対しても適用できる事だし普通に日常生活に役立つ知識だと思った。
多分雑な自己啓発っぽい本を読むよりもよっぽどよい。

本当に有用な内容だと思うし、あらゆる人に読んでほしい。学校とかで配布したらいいのでは。

クロネコメンバーズIDが復元できなくて長年困ってたけどどうにかしてアカウント作り直そうとしたらすごかった

ただの日記です。

経緯

以下、Twitterより引用

話題のクロネコメンバーズですが、私のクロネコIDはIDとパスワードが思い出せず、再設定するためには電話番号が必要なんですが、登録したタイミングが悪く一瞬だけ使ってたソフトバンクの携帯番号のため番号も思い出せず、新規登録しようとすると生年月日と氏名によって登録済みで弾かれるという状態

↓

これ気になってるんだけど、名前と生年月日が偶然に一致したらアカウント作れないのでは?

↓

これすごいぞ。いろいろ試したところ、登録済み判定に生年月日も性別もメールアドレスも使っていない。信じられないがフリガナの一致のみで判定してる。フリガナを一文字削ったら新規登録できた。世の中に同姓同名が何人いると思ってるんだ

↓

メールからの本登録でシステムエラーが表示される。これこの時点でメルアドの一致などでエラーが発生してるのでは。。。

↓

更に面白いことがわかった。DB上は漢字の名前がKeyになってるのか、本登録時にはフリガナだけじゃなくて名前の漢字も1文字削らないと進まなかった(登録できた)

↓

ちなみにこの間、数分の間にかなりの回数ログインの試行やアカウント復元の試行、仮登録などを行ったけど特になにもブロックされなかった

自宅のPCをRyzen3700Xなどにアップグレードした

自宅で使用しているデスクトップPC、家にいる時はほぼ常に使っているメインマシンで、主な用途はブラウジングや開発などの作業の他はPCゲームが多かったんだけど、最近動画のエンコードやリアルタイム配信、複数のソフトウェアの同時実行などCPU負荷の高いヘビーな使い方をするようになったらスペック不足が気になるようになってきた。
(主にきりみんちゃんが不満を言っていた)

元のPCのCPUはCore i7 3790K、買った当時としてはゲーミングハイエンドの人気製品だったはずだけど、気がついたらもう5年も前の製品になり、ずいぶん世代遅れになっていた。
そのタイミングでご存知の通りRyzen3シリーズが発売されそのコスパの良さに自作PC界隈的にも10年に一度の「時期が良い」タイミングになった。

www.4gamer.net

そんなわけで我が家のPCをRyzen3700Xをベースにアップグレードすることにしたのだ。

旧スペック

  • ASRock H97 Pro4
  • Core i7 3790K
  • DDR3 4GB * 4 = 16GB
  • GTX1080 Ti

新スペック

  • ASRock B450 Steel Legend 8650円
  • Ryzen3700X 39800円
  • DDR4 PC4-21300 16GB * 2 = 32GB 17980円
  • GTX1080 Ti 流用

ベンチマーク

https://pbs.twimg.com/media/EAcpGJ_UIAAtFcB?format=jpg&name=medium

https://pbs.twimg.com/media/EAcpGiUU4AAHrHA?format=jpg&name=medium

https://pbs.twimg.com/media/EAcqjV9VAAIPdqC?format=jpg&name=4096x4096

https://pbs.twimg.com/media/EAcqj4jUIAAi3jp?format=jpg&name=large

今までかなりCPUがボトルネックになっていたことがわかった。。。

体感など

まだそんなに使い込んでいないけど全体的に動作は軽くなっている。
特にビルド時間とかエンコード時間がかなり変わった。 一番わかりやすかったのはクリスタ(ペイントソフト)で、いつもキャンバスサイズ5000 * 5000くらいで描いているんだけど、ペンの太さを2000にしてグリグリ動かしてもほとんど遅延しなくなった。(以前は700くらいまで太くするとかなり遅延していた)

一部の記事でリテールファンがうるさすぎるとか付けにくいみたいなことが書かれていたけど、特に悩むこともなく装着できたし、今の所うるさいとも感じない。

ちなみにマザーボードのチップセットを5XX系じゃなくて450にしたのは、5系は消費電力が高くマザーボードファンが必須で、かつ差分の機能が自分には特に必要ないものだったから。
ツクモexの店頭で買ったんだけど、相談した店員さんにも「ぶっちゃけ5系と4系どっちがいいと思いますか」と聞いたら「正直5系の機能をどうしても使いたい超ハイエンド層じゃなければ5系はオーバースペック」というような話だった。
なおBIOSの更新は面倒だったのでBIOS更新済みの製品を購入した。

Tips

PCをアップグレードして余った古いパーツはじゃんぱらのオンライン買取を利用すると便利。 見積もりが1万円以上なら引取の手配もしてくれるし、パーツの動作検証をして動けば見積もりの値段で買い取ってくれるし、動かなくてもクレームが来るわけでもなく向こうで破棄するなりしてくれて便利。

きりみんさんときりみんちゃん

この1年ぐらい、きりみんちゃんというVTuberのマネージャーとして活動しているんですが、きりみんさんときりみんちゃんの違いについての解説を書いたので共有します。

www.pixiv.net

楽天経済圏民だけど楽天モバイルに耐えきれずワイモバイルに乗り換えた

自分は楽天カードに楽天Edy、楽天証券と楽天経済圏に浸かってるのもあって、モバイルのsimは数年間ずっと楽天モバイルを使ってきて、とにかく安いし3日で1GB制限も廃止されてあんまり不満がなかったんだけど、今年入ったくらいから異常なくらい回線が弱くなって、最近だと通勤時間帯の六本木路上や電車内では1MBも出ないどころか100kbps未満のことすらある状態で、毎日ストレスを感じていた。

最近通勤中でもYouTubeをみる事が多くなったこともあってちょっと耐えられなくなり、冷静に考えると月数千円の差で毎日ストレスを感じてるのはバカバカしいなと思ったので回線を乗り換えることにした。

軽く調べたところ格安simの中ではワイモバイルとUQ mobileが一つ抜けて高速らしい。
その分価格もやや高めだったが、日々の快適さの方が重要なのでワイモバイルを選択した。

【2019年5月】格安SIM人気12回線の通信速度を比較 速い/遅いMVNOは? - 価格.comマガジン

ワイモバイルの申し込みはかなり楽で、オンラインでKYCをして申し込むとあとは数日後に郵便で届いたsimを挿すだけで開通した。
今のところ速度も問題なくて快適。

「個人開発がやりたくなる本 - クリエイター13人の実録エッセイ」読んだ

のできりみんちゃんが感想を動画にしてくれました。

youtu.be

この感想動画の投稿の後押しになったのは、以下のキャンペーン企画です。

【読者還元】Amazonギフト券1,000円分をプレゼント #個人開発がやりたくなる本 - Crieit

が、そのために無理にオススメしたというわけではもちろんなく、元々内容がとてもよかったので紹介したいと思っていました。(誤解されたくない)

本はこちらから購入できます。

booth.pm

OKR(オーケーアール)読んだ

今の職場でOKRを導入していることもあり、個人でもORKを設定していて、もっと深く理解したくなったので読んでみた。

OKR(オーケーアール) シリコンバレー式で大胆な目標を達成する方法

OKR(オーケーアール) シリコンバレー式で大胆な目標を達成する方法

OKRについての簡単な解説はネットの記事などでも読むことが出来るけど、それらを流し読んだだけではやはり今なぜあえてOKRという新しいメソッドが流行っているのかはよく分からなかった。

この本では前半の半分を使って、小説形式で、小さなスタートアップが壁にぶつかり、OKRを正しく導入することで成功する様子を描写している。
その後、後半で補足のような形でOKRの具体的な思想やよくある間違いなどについて解説している。

このように小説仕立てのエピソードを使ってメソッドなどを紹介する本はわりとありがちだが、大抵は茶番感があり面白くない。
しかしこの本の物語はかなり描写がしっかりしていて説得力があり、一気に読めるほど興味を惹かれる内容だった。
そしてこの物語を通してOKRについて十分に理解することが出来る。

OKRはよく「KPIとはどう違うのか」と言われ、たしかに概要を聞いただけではどこの会社でもやっている目標設定との違いがわかりにくい。
自分がこの本を読んで理解したことは、OKRは単なるフォーマットではなく、目標を意識し達成するための総合的なメソッドであるということだ。
これは特定のフォーマットなどよりもアジャイルといった概念に近い。
重要なのは形だけOKRのフォーマットに従って目標を設定することではなく、OKRの思想を理解し、形骸化しがちな「目標設定」というものを正しくモチベーション維持や優先度付け、成長のために意味のあるものにすることだ。

と、数あるOKR本の中の一冊を読んだだけなのでこの本の内容がどの程度信用出来るのかは分からないけど、ひとまず目標や計画を立てるという行為についてのプラクティスの一つとしてとても参考になった。

不登校、学校へ行かない生き方という話題について

合わせて読みたい

kirimin.hatenablog.com