まいくろ🍣きりみん

きりみんさんのマイクロブログです。ブログとTwitterの中間くらいの文章を書きます。

YouTubeが不具合祭りになっていてVTuber界隈が阿鼻叫喚な件について

新型ウイルスの影響がインターネットにも起こっているという話。

最近VTuber界隈ではYouTubeの挙動が色々とおかしくなっていることによって様々な問題が発生しているのですが、どうもあまりYouTubeのストリーミング配信を見ない層にはこの話題が知られていないようなので、雑に共有しようと思いこのエントリを書きます。

YouTubeの審査がよくわからない問題

新型ウイルスが流行する以前より、VTuber界隈では特定のVTuberが何故か収益化を剥奪され理由がよくわからなかったり、異議申し立てが無視されたりといった問題が発生していました。
これは少し話題になっていたので知っている方も多いかもしれないですが、原因はYouTubeの規約違反判定AIの精度の問題で、「VTuberのキャラクターが欧米基準だと未成年の性的な容姿に捉えられてしまっているのでは」「丸上げの切り抜き動画が蔓延していてスパムと誤認されているのでは」「英語圏で問題になった幼児向けに見せかけた過激な動画と誤認されているのでは」「自動翻訳により普通の会話が性的なワードと誤認されているのでは」などの憶測がありました。

実際、人気VTuberのチャンネルの中には「これはちょっとゾーニングを考えた方がよいのでは...」と思うような内容を配信するものもそれなりにあり、ある程度は仕方ないという側面もあると思っていました。

この問題は、海外のVTuberファンのインフルエンサーが問題を取り上げたことなどにより一時は改善されたかのようにも見受けられました。

Googleリソース不足による状況の悪化

そして最近例のウイルスが蔓延したことにより、YouTubeの審査がよりAI任せにならざるを得ないというアナウンスがYouTubeからありました。
また、新型ウイルスに関するフェイクニュースに当たるような動画は厳しく取り締まっていくという方針も示されました。

その結果、やはりVTuber界隈での謎の収益化剥奪は状況が悪化し、有名VTuberの中でもかなり健全度の高いチャンネルが集中狙いされたり、逆にギリギリを攻めている感のあるチャンネルは特に問題なかったりとよく分からない感じになっています。

また、配信中に突然動画がBANされ配信が強制停止させられるという中国のような恐ろしい現象も多発していて、それもテトリスの実況や普通の雑談配信などが開始数分で何度もBANされるなど明らかに理不尽な事が発生しています。

更にリソース不足を理由としてYouTubeからの収益の振り込みの遅延なども発生しているらしいです。

なぜかYouTubeっちの挙動がバグだらけになる

以下は桐生ココさんというライバーさんがやっている朝ココLIVEからの引用です。

https://i.gyazo.com/4d3315b4b977f7562ed99ab4d6fef163.png

https://i.gyazo.com/9416c431e6ea6227ea104d9130806f06.png

https://i.gyazo.com/50510b547790391520fb6c235ae74f89.png

https://www.youtube.com/watch?v=5VBFz8i2Kws

このように、様々な問題が発生しており、中でも一番困っているのが「動画が一覧に表示されない」という問題です。

動画が登録チャンネルの動画一覧や配信中のチャンネル一覧に表示されない問題

VTuber界隈では普通のYouTuber界隈に比べ、かなり生配信というスタイルが流行っています。
ライブストリームで2,3時間の配信を毎日するという活動スタイルの人気企業VTuberが大量に存在します。
そしてファン側も多数のチャンネルを手当り次第にチャンネル登録して、「たまたまYouTubeを開いた時にやっている配信をみる」、「登録チャンネルの投稿一覧からアーカイブを探す」というような視聴スタイルの人も多いと思います。

そんな中で、配信中の表示がTOP画面に表示されない、おすすめ動画に登録チャンネルの配信中の動画が出てこない、アーカイブも一覧に表示されない、といったさながらシャドーBANのような現象が多発しています。
また、この不具合はAPIのデータにも影響しているようで、各種サードパーティのbotサービスなどからも検知されないといった状況になっています。
配信の存在にはわざわざそのチャンネルのページまで遷移しないと気づけないため、こうなるとVTuberの配信はTwitterからしか流入が期待出来ないという状況になっています。

また、現象が発生する条件も不明で、正しく動画が表示されるまで配信予定の枠を取り直す「配信枠ガチャ」をする配信者まで現れる状況です。(これは最新の検証では意味がないらしいです)
先に紹介した桐生ココさんなどが原因を検証してくれていて、「配信のタイトルや概要欄に日本語を含めなければバグらないのでは?」という仮説を立てたりしていますが、まだ真相は分かっていないようです。

個人的には、新型ウイルスの影響で世界的にYouTubeのトラフィック不可が激増したことによって不具合が発生しているのでは、と推測しています。

配信者としてもリスナーとしても辛い

今の状況は非常に配信を追うのがむずかしく、リアルタイム視聴者やアーカイブの再生数も激減してしまっているので、配信者としては正直かなりモチベーションが削がれてしまいます。
また、この一連の不具合の原因が新型ウイルスだとすると、当分は改善する見込みがないという事になり辛さが深まります。

界隈以外でも話題になったらワンチャン?

ところでこの騒動について、あまりVTuber界隈以外では話題になっていないようです。
海外を含め普通のYouTuberはライブ配信ではなく動画投稿という活動スタイルが主流なことや、原因が日本語や日本に起因するのではという憶測などが理由だと思われます。
もしかしたらGoogleのエンジニアもこの事態をあまり認識していないのではという気もしています。

Googleといえば、Androidの審査も遅延を発表したりGoogle I/Oのオンライン開催も取りやめたりと、IT企業の中でも特に新型ウイルスの影響を大きく受けているように見えるので、YouTubeの問題に対応する余裕もないのかもしれないですが、こういう状況が起こっておりVTuber界隈が阿鼻叫喚だという情報だけでも共有しておきたいと思います。